本当におすすめのプロバイダーを探そう!

当サイトは、本当におすすめできるWiMAXのプロバイダーとWiMAX自体の特徴などから口コミ評判などすべてを踏まえて比較しています。

当サイト管理人の私がさまざまなネット回線を使いこなしてきた経験を踏まえた上での本当のメリットデメリットを掲載していきたいと思います。

WiMAXはプロバイダを変更したから回線スピードが変わったりすることもありません。

一番重視するべき点というのは表面上の月額料金や得点の多さやキャッシュバックではなくて、すべてを総合的に考えたときの実質的な総支払合計です。

ダントツで人気の口コミ評判の「VISION」

現時点で一番おすすめのWiMAXプロバイダは「VISION」です。おすすめする理由は次のポイントになっています。

1,契約期間内で実質的な月額が安く業界で一番安い

2,キャッシュバックを活用することにより得する

3,端末をすぐに発送してもらえて回線が使えるようになるまでが早い

4,最新の端末が無料で使える

5,乗り換え費用を負担してもらえる

WiMAXを初めて使うという人には上記の理由はわかりづらいかと思いますが、簡単に説明すると業界最安で使えて、端末が無料というところが一番のポイントになります。

キャッシュバックキャンペーンの受取も翌々月となっていて、すぐに忘れることなく確実にキャッシュバック金額を振り込んでもらえます。

VISIONはもともとの通常プランの月額料金が安いのですが、他の回線業者から乗り換えるときも解約金などをVISIONが代わりに負担してくれます。

なので、今すぐ他の光回線やモバイル回線から乗り換えることができます。

WiMAXプロバイダーの選び方のコツとは?

WiMAXのプロバイダを選ぼうと思っても、ネット上で軽く調べてみただけでも数十社はあります。

WiMAXのプロバイダの月額料金などの調べてみると、訴求方法などはほとんど一緒でどこがどう違うのか一目瞭然というわけにはいきません。

プロバイダーAの訴求:キャッシュバック3万円

プロバイダーBの訴求:解約金負担&端末無料

プロバイダーCの訴求:月額がとにかく安い

WiMAXのプロバイダを調べてみると何十社もあって、いろんなテクニックやマーケティングを使って顧客を獲得しようと必死にバトルを繰り広げています。

方法を大きく分けると何パターン化に分類されますが、初めてWiMAXを導入しようとしている人はどういう風に決めたらいいのかわかりようがありませんよね。

何をベースにWiMAXのプロバイダを選択すればいいのか、今回のおすすめ1位としてご紹介したプロバイダがなぜ1位なの解説していきたいと思います。

WiMAXのプロバイダーを選ぶときに一番見るべきポイント!

WiMAX選びにおいて最大に見るべきポイントというのは表面的な月額料金でもなく、ルーターの無料レンタルでもなく、キャッシュバックの総額でもなく、実質的な月額料金です。

実質的な支払額というのは、契約期間内に発生する毎月の月額料金になります。

キャッシュバック金額などが多ければ多いほど、月額料金から割引されて、契約期間内の月額料金が安くなるという計算です。

WiMAXを契約するときの事務手数料や端末代にかかった金額は、もちろん実質料金に加算されます。

契約期間内における総額から導き出す、実質の月額料金は次のようになります。

月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+端末代+事務手数料÷契約月数

上記の計算方法から月額料金を計算してみると次のようになります。

◆UQ WiMAX2+の場合

月額4,268円×24ヶ月-キャッシュバック0円+端末代16,500円+事務手数料3,300円÷24ヶ月=5,093円

◆GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題の場合

月額3,969円×2ヶ月+月額4,688円×34ヶ月-キャッシュバック29,500円+端末代0円+事務手数料3,300円÷36ヶ月=3,920円

上の表のようにプロバイダによっては基本月額料金やキャッシュバックの金額などが違ってきます。

なので、本当に得するプロバイダなのかどうかは上記のような計算方法で算出して、実質的な月額料金という形で比較しなければ意味をなしません。

実際に上記の表をご覧いただければわかると思いますが、GMOとくとくBBとUQを比較してみると実質的な月額料金は1000円も違っていました。

なので、契約期間で考えると2年なら24000円、3年なら36000円もの差ができることになります。

WiMAXの主なプロバイダについて毎月の実質的な金額を計算してみた表が以下になります。

VISION 実質月額:3,848円

GMOとくとくBB 実質月額:3,920円

BIGLOBE 実質月額:4,116円

DTI 実質月額:4,077円

ギガ放題プランと通常プランでは何が違うのか?

ギガ放題プランと一般的なプランとでは何が異なるのでしょうか。簡単に言うと月額料金と月間の通信量制限の有無になります。

ギガ放題プランだと月間の通信制限量はなく、無制限となっていますが、一般的なプランだと7GBまでとなっています。

なお、通常プランは7GBプランやライトプランなどともいわれているので、プロバイダ各社で名前が変わるので注意してください。

WiMAX本流のUQWiMAXでは、ギガ放題のみに遷移しつつありますので、他のプロバイダーも追随していく可能性もあります。

後ほど解説していきますが、2021年の4月から開始されてWiMAX+5Gという、現行のWiMAXよりも高速通信が可能な接続サービスが存在しています。

WiMAX+5Gというサービスはギガ放題プラスとも呼ばれていて、5G専用のプランとなっています。

通常プランとギガ放題プランとも違っているのでプラン選びをするときは注意しましょう。

下記の表でも示していますが、最近の動画配信サイトや映画配信サイトやアプリなどの技術革新によって、普段のデータ量というのは格段に跳ね上がっていると思います。

なので、データ通信の総量というのは、htmlのみで構成されたページなどを読み込むことはほぼありませんので、無制限であればあるほどいいといえるでしょう。

以上のようなことから、金額で気にも通信制限的にもギガ放題プランの方がダントツでおすすめですね。

ですが、費用を抑えることだけを重視していたり、目的が簡単なネットサーフィン程度だったらギガ放題を選ぶ必要もなく通常プランで事足りるでしょう。

さらにいってしまうとWiMAXですらなくてもいいとまでいえるでしょう。

クラウドSIMなどWiMAXと同じ目的で使うことができるWi-Fiサービスがたくさん登場しているので、とにかく安いサービスを契約すればいいと思います。

★ギガ放題

実質月額:3,800円~4,800円

通信量:3日間で10GB 月間での制限はなし

用途:オンデマンド、youtube、テレビ会議、ゲーム

★通常プラン

実質月額:3,200円~3,800円

通信量:月間7GBまで

用途:メール、ネットサーフィン

以上のように、ギガ放題プランの方が利点が多くありますね。

月額料金に関してはたった1000円くらいしか変わりませんが、1000円出して得られるメリットとしてはものすごくあると思います。

実は私自身はどちらのプランも使ったことがあるので、メリットデメリットはよくわかっているつもりです。

1,スマホはいろいろなアプリが稼働しているから通信量が増えていく

2,制限を気にして思う存分に楽しめない

3,毎月の制限を超えた場合は小さい転送量で耐えるしかない

ちなみにですが、5Gのプランは3日間で15GBとなっています。

なので、WiMAXで通信制限が気になる場合は、WiMAX+5Gのエリア範囲内に入っているかかかわらずギガ放題プラスに入ることもできます。

WiMAXの端末の選び方とは

WiMAXを使うにはどうしても端末が必要になってきます。基本的にはどのプロバイダ経由でWiMAXを契約したとしても選べる端末装置は同じとなっています。

このプロバイダ専用の端末しか存在しないみたいな端末はありません。

どこのプロバイダで契約したとしても端末を選べるのは数種類ありますが、何が高性能でどういうメリットデメリットがあるか迷ってしまうと思います。

現在一番おすすめなのがモバイルルーターのW06になります。

wx06という機種もありますが、バッテリーが長持ちするのと回線スピードの安定性などからW06に軍配があがりました。

モバイルルーターなどの端末はすべてのプロバイダで無料となっています。

プロバイダー契約ではなくてUQWiMAXそのもので契約しようと思ったら端末代として1万円以上取られるので注意しましょう。

ここ最近になってWiMAXユーザーがプロバイダだけ乗り換えてモバイルルーターを同じものを使い回すことができるように、SIMだけのサービスもあります。

ですが、バッテリー性能や機能性で圧倒的にアップしているわけではないので、WiMAX端末を持っているのであればSIMのみの契約でもよろしいかと思います。

ですが、今までの使用頻度によってはバッテリー性能が落ちてしまっていることもあるので、端末自体を新しいものに交換するのもありかと思います。

WiMAXの契約期間は何年がお得なの?

今までの光回線や携帯電話の契約と同じように、WiMAXでも2年契約や3年契約など、契約期間の決まりがあります。

契約期間中に解約すると解約金や違約金などが発生するので、一度最初の契約年数で契約すると、その年数がたつまでは無料で解約できません。

WiMAXの契約期間は1年から3年までの3つの契約期間があります。

自分が契約したい年数のパターンが用意されているプロバイダを用意するのがいいのですが、1年とかで契約してしまうと月額料金がその分割高になってしまうので注意が必要です。

一般的なルールとして長ければ長いほどお得になるのはWiMAXも同じです。

途中で解約をしたとしても違約金が無料になるプロバイダも存在しているので、数ヶ月しか使わないような人はそういうところを選んでみてもいいですね。

なお、WiMAXを短期間しか利用しない予定の人は、WiMAXじゃなくてもいいと思います。

ですが、短期利用でも安定的な回線を使いたい人はWiMAXがおすすめです。

高速通信じゃなくてもいいからちょっとだけインターネットを使いたいという人は、WiMAX以外にもたとえばクラウドSIMなんていうのもありますね。

見た目の月額料金ではなく本当の月額料金を見る

光回線やモバイル回線のプロバイダでは、最初の3ヶ月くらいの月額料金を安く割引して、あたかも安いかのような宣伝をしている業者が多いです。

これはなぜかというと、WiMAXの月額料金が複雑に入り乱れているのです。

一例としてWiMAXのプロバイダー業者であるカシモの月額料金を見てみると、1ヶ月目の月額料金が1380円となっていて、2ヶ月目以降は3610円となっています。

最初の月額料金だけでもしプロバイダーを決定したとすると、翌月には倍以上の金額になってしまうので注意が必要です。

また、プロバイダーというのは上記でも解説したように、契約期間の縛りというものがあるので、最後まで使った場合の支払合計を計算する必要があります。

プロバイダーで本当に安いところを探そうと思ったら、契約期間すべての月額料金を計算して、本当に安いかどうかを比較する必要があるということです。

一つ一つのプロバイダーで宣伝されているぱっと見の表面的な月額料金を見てただ安いからという理由で判断するのは早いです。

当サイトでもここまで解説してきたように、毎月の料金と特典割引をすべて総合計した上での実質的な月額料金を割り出さなければ本当に最安のプロバイダーを見つけることはできません。

当サイトでは普通の月額料金からキャッシュバックや月額割引などの各種特典を差し引いた本当の月額料金で計算しています。

なので、当サイトで一番おすすめしているプロバイダーは本当にお得なプロバイダーだといえるでしょう。

キャッシュバックキャンペーンとは?

WiMAXのプロバイダーはほとんどすべてといってもいいくらい、お客様にキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックを用意しているWiMAXプロバイダーの口コミで、キャッシュバックの申請手続がめんどくさくて受け取れなかった…なんていうものもありますが、そういうのは一部の悪質なプロバイダーだけです。

一昔前は確かに、お客がキャッシュバック申請を忘れることを狙って、わざと面倒なステップを踏ませるところもありましたがそれは昔の話であって今はかなり健全になっています。

現在は回線を契約するときにメールアドレスを登録しておけば簡単にキャッシュバック申請のメールを受信してキャッシュバックを振り込んでもらうことができます。

最近のプロバイダーはマイページにログインすることによってすぐに振り込み申請をすることができるように改善されています。

最近主流だったキャッシュバックキャンペーンに打って変わって、月額料金を割引するようなプロバイダーが増えています。

キャッシュバック分を月額料金から値引きすることにより、お客様が申請手続をする必要すらなくなりますし、メリットだらけになります。

とはいっても、キャッシュバックというのは大きめの現金が手に入るのでプロバイダーの宣伝としてはメリットが大きいので引き続きやっているところもたくさんあります。

月額料金割引キャンペーンよりもキャッシュバック数万円を受け取った方がいいという人もいるので、それは人それぞれの価値観によると思います。

WiMAXを本契約する前に知るべきキャッシュバックの受け取り方法を解説しているので同時並行的にご覧ください。

なお、キャッシュバックの受け取り時期も短くなっています。

以前のプロバイダーはキャッシュバックを実際に振り込まれるまでに半年以上使わなければいけなかったのですが、回線が開通してから2,3ヶ月後には振り込んでもらえるようになってきています。

こういうサービス精神の工場というのは、契約したお客さんもキャッシュバックを受け取り忘れにくいというメリットがあります。

上記のように、顧客満足度を考えてサービス性を向上させているプロバイダーも中には存在しているので、そういうプロバイダーを選べばいろいろなメリットを手に入れられるでしょう。

一番優秀なプロバイダを選びましょう!

WiMAXのさまざまなキャンペーンなどから本当にお得なプロバイダーを比較しました。

ちなみに、プラン内容はギガ放題で算出してあります。

★VISION

実質月額:3,848円 基本月額:3,979円 手数料:無料 キャッシュバック:5,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB

実質月額:3,920円 基本月額:4,688円 手数料:3,300円 キャッシュバック:29,500円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB 月額割引コース

実質月額:3,893円 基本月額:3,678円 手数料:3,300円 キャッシュバック:6,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額:3,994円 基本月額:3,971円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★DTI

実質月額:4,077円 基本月額:4,136円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額:4,116円 基本月額:4,378円 手数料:3,300円 キャッシュバック:17,000円 端末料金:880円/月 契約期間:1年

★So-net

実質月額:4,542円 基本月額:4,817円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★UQ

実質月額:5,093円 基本月額:4,268円 手数料:3,300円 キャッシュバック:なし 端末料金:16,500円  契約期間:2年

WiMAXのプロバイダーを比較するときに一番何を重視するべきかというと、基本月額料金ではなくて、実質的な月額料金ですね。

プロバイダーによっては契約が終わって最初の数ヶ月だけ通常の半額だったりして、本当の月額基本料金が見えてこない場合もあるので、全体的な評価が必要になってきます。

このページでもいってきたように、基本料金だけではなくて、スマホ割引や家族割引などを使って、本当の1ヶ月あたりの支払額を計算することが大切なんです。

また他にも、実質月額料金で計算した場合、1年契約の場合は総合計が安く見えますが、実際は1ヶ月あたりに換算してみると割高になっています。

とはいっても、短い期間しか使わないような人は、解約料がかからないように短めの契約期間で最初から契約しましょう。

現在一番優秀なプロバイダとは?

WiMAXの現時点でもっとも実質月額料金が安くて超優良なプロバイダーを解説していきたいと思います。

第1位 VISION

VISIONは東証一部に上場している、株式会社ビジョンが運営しているWiMAXのプロバイダです。

特徴

実質月額:3,848円 契約年数:3年間

初期費用:無料 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,解約金や違約金がかからない

2,キャッシュバックで月額費用が安い

3,日割りなしで初月は無料になる

4,初月無料で事務手数料も無料!

第2位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンや月額割引など競合他社を引き離すほどのキャンペーンが充実しているプロバイダーです。

WiMAXの端末はもちろん無料で、ギガ放題プランも通常プランも実質的な月額料金が業界最安となっています。

GMOとくとくBBは20日以内であればなんの違約金などもなしで解約できるので、接続できなかったとか、回線が不安定などの不具合があればすぐに解約できるようになっています。

他にもモバイルルーターを契約完了した当時に発送してくれるというメリットもあります。

特徴

実質月額:3,893円 契約年数:3年間

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,月額料金割引かキャッシュバックを自分で選択できる!

2,キャッシュバック金額は約3万円

3,月額値引きはギガ放題プランで毎月2849円

4,20日以内ならキャンセルできる

5,端末の当日発送対応!

第3位 カシモ

カシモはギガ放題プランを最初の月だけ1380円という格安で使えるので、最初にかかる費用を抑えたいという人におすすめです。

カシモはキャッシュバックキャンペーンをしていませんが、ギガ放題の月額料金が安くなっています。

また他にもモバイルルーターの端末の最短即日発送もしています。

特徴

実質月額:3,994円 契約年数:3年間

月額料金:1,518円~3,971円

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,ギガ放題プランが1ヶ月目は1518円

2,初期費用が安くていい

3,WiMAXのモバイルルーターを即日発送

4,U-NEXTのシネマ見放題プランが1ヶ月目だけ無料

第4位 DTI

DTIの一番のメリットとしては、回線開通後は2ヶ月間は無料で使えるところです。

初期費用を抑えたいという人にはメリットが大きいのではないでしょうか。

ですが、マイナス面として通常プランの手数料が5000円かかるようになっていて、他のプロバイダーよりも2000円も高くなっています。

第5位 BIGLOBE

BIGLOBEはなんと1年という短期間の契約期間がもうけられているWiMAXで唯一のプロバイダーです。

現金バックも契約後にすぐ受け取りができますし、途中でやめたくなって解約したとしても違約金が1000円しか取られないのもメリットの一つです。

BIGLOBEのデメリットとしては、他のプロバイダーでは無料で貸し出している端末代が800円かかってしまうところでしょうか。

WiMAXを契約してから利用開始までの流れ

WiMAXの契約から回線が使えるようになるまでの流れやステップはどのプロバイダー経由で契約してもほとんど変わりません。

1,WiMAXの契約したいプロバイダーのサイトで申し込みボタンを押す

2,通常プランを選ぶか、ギガ放題プランを選ぶか選択する

3,次の画面でWiMAXで使いたいモバイルルーターと細かいオプションを選択しましょう。

4,次の画面で個人情報を入力します。名前、住所、電話番号など。

5,WiMAXで支払う方法を入力。クレジットカード番号など。

6,個人情報が入力し終わったら、2,3日で端末が到着してすぐ使えるようになります。

大まかに分けると上のような申し込みから契約の流れとなっております。1週間もかからずにネットに接続できるというのはとても嬉しいですよね。

開通工事なんて不要で、1週間もかからずにネット環境を手に入れられるという利点はWiMAXにしかありませんし、なにものにも代えがたいものだといっても過言ではありません。

ちなみに、UQの店舗で契約すれば即日使うことも可能です。

家電量販店でWiMAXを契約すると損する理由

家電量販店でWiMAXを契約するのは、ネット上でお客さんを集めているプロバイダーと比べて圧倒的に損してしまうのでやめておきましょう。

家電量販店で申し込みをしてはいけない理由として、競合他社よりも実質的な月額料金が高くなってしまいます。

大手のプロバイダーと家電量販店の実質月額料金を具体的に比較してみると差が一目瞭然だと思います。

サイト上部でも解説してきたように、どのプロバイダーでWiMAXを契約したとしても回戦の性能自体に違いはないので、できる限りやすい月額になるようなプロバイダーを選択するべきです。

電器屋さんからWiMAXをたとえ申し込んだとしても、実店舗ならではのメリットなどはほとんどありません。

10年くらい前までは、WiMAXをその店舗で契約すると、そのお店の割引券などがもらえていたりした時期もありました。

ですが、現時点ではこういった特典はほとんどなくなってしまい、家電量販店でWiMAXの契約をする利点というものはほとんどなくなっています。

さらに、仮にWiMAXを家電量販店で契約したとしても、サービス性能や月額プランなどはUQ本家と全く同じ内容になってしまうので、キャッシュバック以外でも損することになってしまいます。

一部の家電量販店では大型の家電製品のみ割引してくれるサービスがあるようですが、そんなのと大手のプロバイダーのキャンペーンを比べても雲泥の差があります。

家電量販店で対面で解説を受けながらWiMAXを契約するメリットがあるといっているサイトもありますが、正直言ってしまうと家電量販店の店員にWiMAXや光回線などに詳しい人はほとんどいません。

営業トークで表面的な知識しかないと思うので、なんらかの説明をしてもらったとしても信じ込まないで自分で客観的に比較した方がおすすめです。

UQの店舗でも契約するともったいないです!

UQWiMAXはネット上にしかないと思っている人もいるかと思いますが、実は実店舗が全国各地にあるのです。

もちろん、UQWiMAXの契約をすることもできるので、電器屋さんのように店員と対面で詳しい話を聞くこともできます。

UQの本家だからといって、家電量販店と同じくWiMAXの契約はやめておいた方がいいでしょう。

UQ店舗の店員がいろいろな解説をしてくれるというメリットはありますが、月額料金が特別安くなるなんていうメリットはありません。

そもそもの問題としてUQ自体がプロバイダーとしてあまり力を入れていないので、キャンペーンや月額割引などがほとんどないのです。

たとえば、UQWiMAXと一番得するプロバイダーの実質的な月額料金を比較すると年間で1万円以上もの開きがあるので、長い年数契約するとそれだけ損する計算になります。

UQのお店のメリットは一応あります

UQスポットのお店で契約したら、WiMAXの在庫があれば家に持ち帰ってその場で塚ことができます。

WiMAXの端末があれば、いつでもどこでもネットに接続ができるので、とにもかくにも早く使いたいという人は、UQモバイルの実店舗にいってみるのもいいでしょう。

とはいっても、UQスポットの実店舗はキャンペーンもやってないですし、おすすめできたものではありません。

ですが、WiMAXプロバイダーのGMOとくとくBBやブロードWiMAXでは即日発送にも対応しているので、時間をかけたくないという人はこちらのプロバイダーをおすすめしています。

キャッシュバックの受取手順について

WiMAXのプロバイダーで実施されているキャッシュバックは基本的には自分で振り込みの申請手続をしなければなりません。

普通はキャッシュバックキャンペーンを受け取るためには何ヶ月以上などのある程度の利用期間が定められています。なので、その期間を過ぎないことにはキャッシュバック申請の案内が送られてきません。

基本的にはほぼすべてのプロバイダーで、会員のマイページにアクセスして、そのページからキャッシュバックの振り込みの手続きができるようになっています。

プロバイダーの継続利用期間がすぎて、キャッシュバックの申請がとれるようになったら案内が来るのですが、それを見逃さないようにスマホのカレンダーか何かにメモしておきましょう。

ギガ放題プランの速度制限とは

WiMAXの3日で10GBの速度制限についてここからは解説していきたいと思います。

WiMAXの3日間で10GBの通信制限というのはいったい何なのでしょうか。10GBを超えてしまったら終日制限されるわけではなくて、18時から夜中までの繁忙時間だけ制限がかかり、日中は全く問題なくいつも通り使うことができます。

さらにいってしまうと、通信制限がかかった状態でも1Mbpsも速度がでているので、軽いネットサーフィンなら余裕でできてしまいます。

なお、ギガ放題プランの通信制限である3日で10GBの、10GBとはどれくらいのサイズは理解していますでしょうか。

10GBのデータ通信量がどれくらいかというと、youtubeだったらハイビジョンでも低画質でもない普通の画質で50時間分くらいになります。

youtubeの5分間の動画を実に500回以上は見られる計算になります。

ですが、最近のyoutube動画は5分区切りのものはあまりなく、10分くらいのものが多くなってきています。

5分間の動画で500回以上視聴できるのですから、10分間の動画になると単純計算で250回くらいになり、3日間の制限なので1日あたりに換算すると80回くらいになります。

ちなみに、WiMAXの5Gのプランだと3日間で15GBの通信制限となっているので、ギガ放題プランよりも実に5GBもアップしています。

WiMAXを契約してみたいけど通信制限は10GBいくかいかないかという人は、5Gのエリアに居住していなくても15GBで使えるようになるので、WiMAX+5Gで契約してみるのもありかもしれませんね。

現実的にはWiMAXの制限はない

ギガ放題プランは3日間で10GBの通信データ量の制限があると解説してきましたが、月間で換算してみると100GBくらいにしかならないと思っている人は多いのではないでしょうか。

これは一見すると月間100GBしか使えないようにも思えますが、実は何GBでも使えるのです。制限がかかるのは夜の時間帯だけなので、日中は大げさに言ってしまうと1000GBの通信だってできてしまうのです。

上記のようなメカニズムなので、やろうと思えばいくらでもできてしまうのです。

夕方から深夜帯の時間帯だけWiMAXでの通信は使わずに別の光回線やスマホのデザリングなどを使ってWiMAXの通信制限を回避しつつ、夜中からWiMAXをまた使うというのも一つの手ですね。

そもそも3日で10GBなんてそんなに引っかからないと思いますし、もし引っかかったとしても1Mbpsものスピードがありますので、低画質の動画も見れますし、まとめサイトやヤフーニュースやライブドアニュースなどは余裕で見ることができます。

とはいっても、何ヶ月も何百ギガバイトも通信をしているとWiMAXの回線元であるUQに目をつけられてしまうこともありますので、何GBでも使えるからといってやり過ぎないようにしましょう。

オプションにはどういったものがあるのか?

ある程度の必要性に応じていろいろなオプションに加入してみるのもいいと思います。

とはいても、初心者用のサポートなどはつけておいて損はないと思います。

ちなみに、次の表はUQで申し込みができるようになっていますが、WiMAXのプロバイダーでも契約が可能です。

回線業者のオプションにはいろいろなものがありますが、セキュリティなどのオプションと、エンタメ系のオプションとの2つの系統があります。

回線系のサービスのオプションは自分で直感的に決めるのがいいと思います。いらないと思ったら余計な出費を抑えられるでしょう。

auユーザーならWiMAXを安く使える!

WiMAXはUQコミュニケーションズが回線サービスを提供しているので、どこのプロバイダーから契約したとしても条件を満たすことができればauのスマホの月額料金が安くなります。

ここから解説していくのは、auスマートバリューと呼ばれる割引です。

ウルトラギガマックスと呼ばれるサービスはUQのスマホとWiMAXをダブルで申し込むことにより500円の割引になります。

この割引が適用されるのはUQモバイル側のスマホになります。

auのスマホを契約しているのであれば、必ず契約しておいた方がいいスマートバリューというものがあります。

auで契約したスマホやガラケーを使っている間は永続的に割引が適用されます。

auスマートバリューとは、auのスマホを持っている人がGMOとくとくBBをセットで契約すると、現在使っているauのスマホ利用料が毎月1000円も割引になります。

現時点でauと契約しているプランによって差がありますが、最低でも500円から最高で1000円までの割引が適用されます。

今現在auのスマホを持っている人はWiMAXを契約するときは必ず使いましょう!

WiMAXの違約金は契約期間によって変わる

WiMAXの契約年数はプロバイダーによって違います。1年から3年までいろいろなタイプがあります。

WiMAXは解約期間を過ぎたらいつでも解約料がかからないのではなくて、決まった月のみが解約料が無料になる仕組みになっているので、自分の解約が無料になるタイミングがいつになるか把握しておきましょう。

下記の表は契約開始を1ヶ月目としたときに途中で解約したときの解約料となります。

1~13ヶ月目で解約 2年契約:20,900円 3年契約:20,900円

14~25ヶ月目で解約 2年契約:15,400円 3年契約:15,400円

26~37ヶ月目で解約 2年契約:10,450円 3年契約:10,450円

WiMAXを申し込むときは、自分がいつのタイミングで解約料が無料になるのかをリマインダー登録などしておきましょう。

WiMAXを解約したいときは?

各社プロバイダーによってWiMAXの解約方法は違いがありますが、ほぼすべての場合で次のようなパターンになります。

電話による解約の申し込みorマイページから解約手続き

プロバイダーの解約手続きをするときは他のプランに入りませんかという提案があります。

他にも、途中解約をするときは、契約終了月間ではないので、解約料が必要ですよという説明があります。

WiMAXの通信速度でテレワークに耐えられるか?

スカイプやズームを使ったオンライン会議は自宅から使っている会社員が多くなっています。

在宅勤務だけではなく、カフェで仕事をする人も増えているので、WiMAXがテレワークに活用され始めています。

カフェやフリースポットでWi-Fiが使えますが、ハッキングされる可能性もありますし、そのWi-Fiの脆弱性があったりします。

WiMAXなら誰かの回線を間借りしているわけではなくて、自分のみが接続できる安心なインターネット環境なので、セキュリティ面からWiMAXを検討している人も増えてきています。

では、WiMAXがそもそもテレワークに耐えうるかということですが、次のようなポイントがあります。

ネット回線のスピードや安定的な接続はできるか、通信量の制限にかかってしまうのではないか、という問題点などが考えられます。

上記のような不安を抱くような材料はありますが、実際にWiMAXを使ってみてこれらの問題をクリアできるかどうかを検証していきたいと思います。

WiMAXはそもそも基地局がめちゃくちゃありますので、ビジネスでもエンタメ目的でも使いやすいといえるでしょう。

WiMAXは他のモバイル系インターネット接続と比べてハイスピード通信ができる傾向にあります。

なので、モバイル系の通信サービスを利用するなら、WiMAXが一番おすすめです。

WiMAXの利用を検討しているときは、自分の居住エリアをカバーしているかを確認してからレンタルしてみるのも一つの手です。

スカイプなどを使って、オンライン会議をする人は通信量の制限が気になる人も多いと思います。

なんといってもWiMAXの制限は夕方からの通信制限なので、昼の時間帯のオンライン会議などは制限がかからないと思います。そもそも3日で10GBを使うことなんてほぼないでしょう。

スカイプ会議などのオンライン会議に参加するときも、解像度を抑えておけば無駄なデータ送受信もないでしょう。

オンライン会議以外の場面でもあらゆる活用方法があります。

学生の皆さんは自宅からオンライン授業をWiMAXを経由して受けることもできます。

オンライン配信などで塾の内容を配信している塾などは、家でも外でもWiMAXで視聴して勉強することができます。

また他にも、引っ越したばかりで光回線の工事などが終わっていなかったら、WiMAXを使ってその日のうちに高速で安定しているインターネット通信が可能になります。

一番おすすめのモバイルルーター

ここ最近にWX06というモバイルルーターが発売されましたが、ほとんどW06と変わらないので、W06の方がおすすめです。

モバイル端末を選ぶ時に最も重視するべきなのは下り速度なので、W06の方がいいと思います。

モバイルルーターW06の最高速度は1.2Gbpsくらいとなっていますが、この接続方法はUSBでパソコンに接続した場合なので、普通に使ったら数百Mbpsくらいになりますが、十分なスピードだと思います。

また、W06の方が回線が安定していて速いので、早さ重視なら断然W06の方がおすすめですね。

WiMAXで一番人気で一番使えるホームルーター

WiMAXはW06みたいなどこでも持ち歩けるモバイル端末の他に、ホームルータを選択することができます。

自宅で高速のネット環境を手に入れたいけど、光回線みたいな工事が必要なのは嫌だという人におすすめです。

モバイル端末とホームルーターのメリットデメリットを詳しく解説していきます。

ホームルーターは家の中に据え置きタイプとして使うので、バッテリーが付いていません。なのでACアダプタで接続する使用方法になります。

さらに、アンテナがモバイルルーターより大きいものが付いているので接続環境が抜群によくなっています。

普通はモバイル端末というものは自分の身近に持っておいて、いつでも接続できるようにしておきますが、ホーム端末は部屋のどこかに置いておいて、それを経由してインターネットに接続します。

上記のようなことから、基地局から離れていたり、パソコンやスマホから離れていても接続しやすいようになっているのです。

WiMAXのホームルーターで今一番おすすめの端末はHOME02です。

機能面だけではなくて、デザイン面もスタイリッシュでとてもコスパが優れているといえるでしょう。

ホームルーターかモバイルルーターどっちが使える?

では、これまでに解説してきたモバイルルーターとホームルータは結局のところどちらが優秀なのでしょうか?

各ルーターの利便性やコストパフォーマンスについて、どの条件下で利用すれば最強なのかを解説していきます。

まずモバイルの方ですが、モバイルルーターの最大の利点は家でも外でもどこでもネット接続ができるようになるという点です。

ホームルーターはアンテナがしっかりとしたものが搭載されているので、接続性が高く、回線スピードも速く、ACアダプタなのでバッテリの減りなどを一切気にする必要もないところが優れています。

いろいろなメリットをあげ連ねてきましたが、簡潔に言うとモバイルルーターの方が持ち運びができるのでおすすめです。

ホームルーターは持ち運びができませんが、モバイルは据え置き型のクレードルを使用することにより、ホームルーターのような据え置き型のように使うことができます。

モバイルルーターでもクレードルを使いながらホームルーターのような使い方ができるので、モバイルの方がおすすめですね。

LTEのネットワークを利用しよう

WiMAXにおいて、LTEオプションはauの4Gネットワークを利用する、ハイスピード+エリアモードによる接続となっています。

WiMAXでつながりにくい場所で使えるサービスです。

そもそも、スマホの電波とWiMAXの電波は通信方法が異なっているので、WiMAXがつながりにくいところでもauのLTEなら接続しやすいというメリットがあります。

auのLTEなら800Mhzの電波が使われているので、田舎などの地方でも接続しやすいネットワーク環境となっています。

WiMAXが3年契約なら、すべてのプロバイダーで月に1000円が無料で使えます。

月間で7GBのデータ量の制限がありますが、WiMAXで接続しにくい田舎などでは積極的に使いたいですね。

ですが、注意点としてLTEの7GBの通信量制限にかかった場合は、WiMAXの通信制限もかかるので注意が必要です。

カタログ速度ではなくて実測値の回線速度

WiMAXをこれから契約するかどうかを検討している人で一番気になるポイントの一つにどれくらいの速度がでるかというものがあります。

宣伝上は何百Mbpsとうたっているものの、本当に使った時の速度はどれくらいなのでしょうか。

まずそもそも、WiMAXの理論値ですが、だいたい以下のようになっています。

上記のデータを踏まえて実際の速度はどうかということですが、私が使っている速度はだいたい50Mbpsくらいは安定的にでています。

そもそもWiMAXの回線スピードというのはあらゆる要因に柄今日されます。すんでいる街、端末の違い、時間帯等々です。

また、近年ではWiMAXの契約者数増加にともなって、基地局も増えてきているので、ますますWiMAXの回線速度や安定性が上がっていることは間違いないでしょう。

WiMAXと光回線どちらがお得?

以下には固定回線とWiMAXの違いを解説しています。

★WiMAX

通信速度:下り速度440Mbps~1.2Gbps 利用場所:宅内、屋外 工事:不要

月額料金:約3,500円~4,600円前後 利用開始まで:最短当日~1週間程度

速度制限:3日間で10GBまたは月間7GB

★光回線

通信速度:下り速度1Gbps~2Gbps 利用場所:宅内のみ 工事:必要

月額料金:約2,000円~5,000円前後 利用開始まで:数週間~1ヶ月以上

速度制限:制限無し

光回線などの固定回線とWiMAXはポイントは全然違いますが、ネットに高速接続するという観点に関しては同じですよね。

自分が構築したいネット環境の理想に合わせた回線を選ぶのが一番だといえるでしょう。

WiMAXは世界的な技術になっている

WiMAXはIEEEという通信の規格にもなっていて、世界で規格化されています。

WiMAXは英語の略の頭文字をつなげたものであり、無線での高速通信を提供するために作られています。

WiMAXというのはそもそもとして、田舎地域での基地局からとどかない住宅に住んでいる人へ向けた無線サービスとしての誕生が色濃かったのです。

WiMAXは日本以外では使えないと思っている人も多いと思いますが、昔は世界でも使える可能性があったのです。

WiMAX2+となった時点で日本だけが独自の路線を走るようになってしまって、日本でしかWiMAXが提供されなくなってしまったのです。

ちなみにですが、外国でWiMAXを使うときは、WiMAXの機械が搭載された端末でしか使えません。

WiMAXと他社のモバイルサービスとの比較

WiMAXと似たようなサービスのワイモバイルとクラウドWi-Fiについて解説しています。

まず最初にチェックしておきたいポイントとしては、回線速度とデータ量制限になります。

WiMAXとワイモバイルはほとんど同じようなサービス内容となっていて、クラウドWi-Fiは使う人を選びます。

WiMAXやワイモバイルは広帯域の動画やエンタメなどのコンテンツが使いやすいサービスとなっています。

他方で、無制限で使えるモバイル環境といわれているクラウドWi-Fiは通信速度が遅いので、メールやネットサーフィンだけが使いたい人向けといわれています。

オンデマンドのハイビジョン映画やゲームなどを楽しみたい人は、クラウドWi-Fiはおすすめできませんね。

クラウドWi-Fiがサービスを開始して間もないので、通信速度が不安定で、ネットワーク障害などが頻発しやすいともいわれています。

スマホでデザリングするかWiMAXを使うか?

WiMAXがなかったとしても、スマホでデザリングしてパソコンなどの他の端末をネットにつなげばいいのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。

そもそもとして、スマホのデザリングを使わずに、WiMAXを契約する意味はどこにあるのでしょうか。

デザリングというのはそもそも携帯電話を介して、携帯会社のネットワークからインターネット環境を手に入れる方法となっています。

ノートパソコンなどをスマホを経由してネットに接続することによってインターネット環境を手に入れられます。

デザリングのオプションに入ることにより、スマホ自体のネット接続はもちろんのこと、タブレットなどの端末をすべてデザリングでネットに接続できるようになります。

WiMAXでネットに接続するのと、デザリングでネットに接続するのはほぼ同じだとお考えていいと思います。

WiMAXの方がデザリングよりおすすめ

スマホからのデザリング接続よりもWiMAXでネットに接続した方がいい理由としては次のようなポイントがあります。

ポイント1 携帯会社のデザリングは制限あり。WiMAXは使い放題で使える。

ポイント2 WiMAXは接続がしやすい。デザリングは手間が面倒なことが多い。

ポイント3 スマホのデザリングは余計な出費が増えることがある。

上記のようなことからタブレットやパソコンやプレステなどを接続するときはWiMAXが圧倒的に有利になります。

通信データ量を節約したいときは、逆にスマホ自体をWiMAXで接続するというのもありだと思います。

そもそもとして、デザリングはサブ的な機能なので、緊急事態が発生したときのみの接続方式だと思った方がいいでしょう。

WiMAXでも5Gが提供されました

2021年からWiMAX+5Gが開始されて、それにともなってだんだんプロバイダーが増えていっています。

WiMAXの端末はZTEのホーム端末と、サムスンのモバイル端末の2つがあって、下り速度が2.7Gbpsという速度がでます。

+5Gのこのスピードは、現行の2+の倍以上のスピードになっています。

WiMAX+5Gの通信量制限も3日間で15GBとなっていて、一般的なプランの3日で10GBよりも5GBも増えています。

WiMAX+5Gのプランはどれくらいの金額なのか

WiMAX+5Gの料金プランとしては、UQにおいては2年契約で、最初の割引サービスをつけると、月額約4300円くらいで使えるようになっています。

WiMAX+5Gなのにも関わらず、WiMAX2とほぼ同じ料金で使えるのは、サービスが開始されて間もないので割引が豊富だからでしょう。

また、WiMAX+5GにはWiMAX2+のような一般的なプランがないので、ギガ放題プラスというプランがあります。

WiMAX+5Gの端末は活用できる?

WiMAX+5Gでは、5G専用の端末が提供されています。

現在の5Gの端末はホームとモバイルで1つずつ用意されています。

WiMAX+5Gはサービスインして間もないので、専用端末が少ない現状となっていますが、続々と増えていくと思います。

サムスン製の端末については重さやサイズ感は現在のWiMAX2とそんなに大差ありません。

問題点としては、プロバイダーから5Gの端末を購入しなければならないので、実質的な月額料金に端末代が加算されてしまいます。

WiMAX+5Gは通信制限が3日で15GB

WiMAXでは制限として月間の制限はありませんが、5Gのプランではあるのでしょうか。

WiMAX+5Gでは月間のでの縛りはなく、WiMAX2と同じ制限となっています。

WiMAX+5Gは3日間での制限がWiMAX2+と比べて5GBもアップしています。

またさらに、LTEとしての月間制限が7GBとなっていましたが、WiMAX+5Gは15GBとなって、8GBも増量されています。

制限適用についてですが、3日間で15GBを超えた場合は夕方6時から制限がかかります。

朝から昼のビジネスシーンの時間帯には制限がかからないので、ズーム会議やスカイプ会議などにはもってこいだといえるでしょう。

実際のところ5Gの通信速度はどれくらいなのか?

WiMAX+5Gのカタログスピードは、下りで2.7Gbps、モバイルルーターで2.2Gbpsということになっていますが、これは現在のWiMAX2より相当早いスピードになっています。

WiMAX2のモバイル端末でUSB-Cで接続すると、最大値で1.2Gbpsの速度が出せます。

一般的な接続方法でWiMAX2をモバイル端末で接続すると約700Mbpsくらいだといわれていますが、これに比べるとWiMAX+5Gの速度がとんでもない高スピードだということがわかりますね。

既存のWiMAXと5GのWiMAXでは何が違うのでしょうか

WiMAX+5Gと現行のWiMAX2ではどこがどう違うのでしょうか。

WiMAX+5Gの一番のポイントとしては、回線速度が圧倒的に速くなったところではないでしょうか。

現在のWiMAXの最大ダウンロードスピードは1Gbps前後くらいですが、WiMAX+5Gは2Gbpsくらいとなっています。

現行のWiMAXと5Gの料金プランを比較すると、ほぼ同じくらいの金額となりますが、端末が高くなっているのがデメリットですね。

5Gバージョンの月額料金も比較してみました!

WiMAXの本家本元のUQ以外のプロバイダーがどれくらい+5Gを提供しているのかというと、まだまだというところですね。

WiMAX+5Gのプロバイダー各社のスペックについていろいろとまとめましたので参考にご覧ください。

UQはもちろんですが、UQとほぼ同じ内容のプランで5Gを提供しているビックカメラやヨドバシカメラなどのプロバイダーがあります。

次の一覧表は、WiMAX+5Gの割引などを使ったあとの料金を示しており、契約年数から総額料金を割った「実質的な月額料金」を示しています。

★GMOとくとくBB

実質月額費用:4,668円 基本月額料金:4,631円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額費用:4,834円 基本月額料金:4,500円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★Broad

実質月額費用:4,899円 基本月額料金:4,763円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額費用:5,645円 基本月額料金:4,378円 事務手数料:3,300円 端末代:21,912円 契約期間:1年

WiMAX+5Gで一番得するところとは?

WiMAX+5Gをサービス開始しているプロバイダーはまだ少ないのですが、ランキングは以下のようになっています。

第1位 VISION WiMAX+5G

VISIONのWiMAX+5Gは初期手数料がかからないのが大きな特徴ですね。

特徴

特徴1,3年間での実質月額3,848円

特徴2,契約初月の日割り料金が無料!

特徴3,解約金&違約金が条件ありで無料

特徴4,初期費用無料

特徴5,モバイルルーター端末無料

第2位 カシモ WiMAX+5G

カシモはプロバイダーの中では優秀な方だと思います。

ちなみに、UQや家電量販店でWiMAX+5Gを契約すると端末代金が高くなりますね。

特徴

特徴1,実質月額4,000円

特徴2,月額割引キャンペーンあり

特徴3,初期費用3,300円

特徴4,端末料金無料

WiMAXはなんとレンタルもできます!

トライWiMAXというサービスは、WiMAXの端末を約2週間くらいレンタルできるお試しのサービスとなっています。

WiMAXはほとんどのプロバイダーで2,3年くらいが契約年数になっています。

上記のような理由から、一度契約してしまうと解約可能期間にならない限り有料料金での解約となります。

必ず全国どこでもカバーしているわけではないので、住居の形態などにもよっていろいろな要因でつながりにくかったりもするので、試してみるのもおすすめです。

次のような人はまず一番最初にトライWiMAXを使ってみましょう。

1,WiMAXの圏内に入っているけど密接した住宅地帯だからつながるか不安な人

2,理論値でいわれているような回線の安定性があるかどうかを試したい人

3,パソコンからの利用だけではなくて、ゲーム機や家電などにも接続可能かどうかを確かめたい

なお、GMOとくとくBBでもトライWiMAXがあります。

GMOとくとくBBは20日以内なら解約できるので、回線が安定しなかったとか高速通信ができなかったという人は返品してもいいのです。

GMOとくとくBBなら満足な通信が確保できたのであれば、そのまま契約し続けてもいいですし、約3週間もあるので十分にお試しする時間があります。

WiMAXは法人契約も用意されている

WiMAXを個人での契約と法人での契約は大別すると3つのパターンがあります。

WiMAXの契約において個人と法人では契約方法とキャンペーン内容と支払いの方法が違ってきます。

まず最初の契約の流れとして、WiMAXのほぼすべてのプロバイダーで見積もりをしてから申し込みをして、本契約をして、支払、という形になっています。

ほぼすべてのパターンとして、個人契約のように1代の契約ではなくて、大口の契約なので、まず最初に見積もりを取る必要があるのです。

さらには、個人と法人では窓口が違うので、法人向けの窓口から見積もり依頼を出すことになります。

見積もり依頼をして納得いったら本契約をして、最後に支払をして終わりとなります。

WiMAXなら法人でもキャンペーンが適用される

法人契約をするときのキャンペーンはプロバイダーによって違います。

GMOとくとくBBの場合だったら、キャッシュバックでのキャンペーンはありません。

ですが、月額割引のプランがキャンペーンとして用意されているので、格安で契約することができます。

そもそも、キャッシュバックがキャンペーンとして用意されていない理由としては、法人で大量契約になるので、複雑になってしまうからなどの理由があります。

法人契約での支払い方法と個人契約での支払い方法の違いですが、個人はクレカだけとなっています。

法人契約の場合は、口座振替、請求書払い、クレカなどの3パターンから選ぶことができます。

おすすめプロバイダーのおさらい

ここまで、WiMAXのおすすめのプロバイダーや選び方や料金プランなど、メリットデメリットについてあらゆる切り口から検証してきました。

ここまでサイトを見ていただいて、WiMAXをどうやって選べば理解していただけたかと思います。

一番最後にまとめとして、当サイトが一番最強におすすめしている、最優秀にお得なプロバイダーを掲載しておきますので、検討している人はぜひ申し込んでみてください。

あらゆる点を考慮して一番おすすめは「VISION」

一番コスパが最強で得するプロバイダーはダントツで「VISION」です!

VISIONが一番最強におすすめな理由は以下の通りです。

1,各種割引を使って実質的な月額が最安!

2,端末を最速で発送してくれる!

3,最新機種のモバイルルーターが無料で使える!

4,競合他社から乗り換えがお得

特徴

ポイント1 3年契約の場合は実質月額が3800円

ポイント2 初月の日割りが無料

ポイント3 解約金が無料!

[487行目]

[488行目]